朝からわせ弁

「わせだの弁当屋」メニュー紹介ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

のりイカ弁当

noriika.jpg

のりイカ弁当 : 330円
要するにわせ弁に弁当の種類が多いのは、適当におかずを組み合わせて、そのすべてに新たな弁当として名前をつけてるからなんです。この際、ベースの弁当に客が好みでトッピングしてくっていう方式にすれば(今でもある程度はそんなかんじですけども)、お客の混乱がぐっと少なくなると思います。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/16(土) 01:15:04|
  2. 330円
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和牛メンチ弁当

wagyumenchi.jpg

和牛メンチ弁当 : 330円
メンチどう見てもちいちゃいです。
中身はちいちゃさにもギリギリ納得してあげられるような、見た目高級なかんじでした。手作りっぽくてけっこうおいしかったです。
ところでこのメンチですが、その場であげてくれたためたいへん熱かったようで、弁当容器の上ブタが溶けてました。メンチのとこだけフタに穴あいてました。溶けた上ブタをソースにメンチカツを食べたことになるわけです。ぼくは330円もったいないので食べちゃいましたが、あんまり体によろしくはなさそうなので、特に女性の方なんかは気をつけてください。
  1. 2005/04/13(水) 23:00:03|
  2. 330円
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソースカツ丼

saucekatsu.jpg

ソースカツ丼 : 330円
みそカツのソース版です。
カツっていうのは、カツレツの略ですよね。なんとかカツっていうと揚げ物って感じだけど、カツレツっていうとなんか揚げるっていうよりフライパンで焼く感じだなあと思って調べてみたところ、カツレツは本来はパン粉つけてソテーにするものだったのが、日本に入ってきた時に揚げ物になっちゃったらしいです。
この弁当に関しては、甘いみそが嫌いじゃなければ、みそカツの方がいいと思います。なんかソースが濃いと満足するから。
  1. 2005/03/27(日) 01:55:09|
  2. 330円
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みそカツ丼

misokatsu.jpg

みそカツ丼 : 330円
これが330円とは恐れ入ってしまいます。わせ弁さいこう。
おいしいです。キャベツがご飯の上に敷いてあるため温かくてへんにょりしてるのはアレですけども、カツの方が、わりと普通の味なのです(おいしいのです)。味噌は甘いです。こいつは当たり引きました。
  1. 2005/03/25(金) 18:43:45|
  2. 330円
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とりちり丼

torichili.jpg

とりちり丼 : 330円
「とり」はいつもの唐揚げで、「ちり」はチリソースでしょうか。ケチャップと何かを混ぜたりいろいろしたような味です。よくわせ弁店頭においてある揚げ出し豆腐にかかってる紅いソースと、おそらく同じです。ちょっと味がくどいと思いました。
  1. 2005/03/22(火) 17:54:15|
  2. 330円
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビビンバ丼

bibimba.jpg

ビビンバ丼 : 330円
割とおいしいです。
ただぼくはあんまりビビンバと接点を持たずに生きてきて、このビビンバ丼が典型的なビビンバの味かどうかはよくわかんないので、ビビンバとしておいしいのかどうかはしりません。
  1. 2005/03/13(日) 13:14:31|
  2. 330円
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前抜きメンタイ弁当

maemen.jpg

前抜きメンタイ弁当 : 330
『のり、明太子、白身魚のフライ、ちくわのてんぷらと、唐揚げです。
「前抜き(まえぬき)」の意味は、きんぴらと柴漬けを抜いたものだということです。そしておかかのかわりに明太子を塗ったので前抜きメンタイです。それなりに満足したので、また頼んでもいいかもと思いました。「前」はよくわかんないから前菜ととらえることにしました。』
と一年前の記録にあります。

しょぼい画像なのでそのうち撮り直すかも知れません。
  1. 2005/03/09(水) 10:39:26|
  2. 330円
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。